貸店舗契約の注意点

自社保有の土地や建物であれば大方の心配は不要になりますが、賃貸契約の貸店舗で何らかの営業をする場合には色々な注意事項がありますので注意しなければなりません。例えば使用目的が国や県の許可が必要な営業形態の場合、思わぬところで規制にかかってしまうことがあるのです。

そのため、特別な営業許可が必要になる医療関係の仕事や飲食関係、その他危険物を扱う事業を行う場合には貸店舗の賃貸契約を締結する前に営業許可が下りるかどうかを確認しておくことを強くお勧めします。

飲食店の場合は比較的認可はとりやすいですが、危険物を取り扱う場合や医療を行う場合にはそもそもその物件ではどうやっても許可が下りないという種類のものもあります。特に注意して望まなければなりません。

医療の場合には賃貸契約の中身の方まで問われます。かなりの長期にわたっての契約が可能かどうかを証明しないと賃貸契約だけでは設立認可が下りないというケースもあります。

この様な判断は各地域の厚生局の判断にゆだねられています。


従って各ケースごとに個別に相談をするしかありません。

ポイントになるのは貸店舗契約を締結する前に設立許可条件について確認を取る、これだけです。

危険物取り扱い事業の場合は条件が明確になっており、基本的に例外はないものです。

取り扱いたい事業内容を明確にした上でその許可が取れるかどうかを事前に検討するのが大切です。


後からではどうしようもないこともあるのです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1294086597
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006237412
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215507172

新宿で貸し会議室に関する特集の情報が満載です。

アルミサッシの玄関がさらに話題になりそうです。

あなたの探していた新宿の会議室情報がさらにわかりやすくなりました。

新宿の貸会議室に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

西新宿の貸会議室の情報といえばココです。